自宅出張マンツーマントレーニング【東京】Lyuboviについての疑問

自宅出張マンツーマンダイエットについての疑問

 

自宅トレーニング体験の前にまずは、

 

「出張パーソナルトレーニングについて気になっていた内容」

 

を質問したので、ご紹介します。

 

 

トレーニングに必要な道具はどうするのか?

 

出張トレーニングでは、必要な筋トレグッズは持って来てくれるのでしょうか?

 

その場合、大量の道具が持ち込まれるのでしょうか?

 

質問したところ、まず、道具については全て持ってきてくれるので何かを買いそろえる必要はないそうです。

 

また、道具の量についてもその日のトレーニングに必要なものだけを持ち込むので、プライベートジム店舗に置いてある全部の道具を持ち込む訳ではないそうです。

 

実は、正しく補助できる人さえ居れば、少ない道具で自宅でもパーソナルトレーニングができるそうです。

 

と言うのも、もともとプライベートジムで行う「筋トレ」には、筋トレマシンのような大きな機材はあまり使われません。

 

 

大きな筋トレマシンとは、以下のようなものです。

 

出張,自宅,マンツーマン,トレーニング,Lyubovi

出典 http://www.lets-con.com/index.html

 

上記のような大掛かりなマシンは、フィットネスクラブやスポーツクラブでよく見かけますね。

 

トレーナーの補助なしでもある程度トレーニングできる設計になっていて、一人で通うタイプのスポーツジムなどに多く置かれています。

 

 

対して、プライベートジムで行うトレーニングはダンベルやバーベルなどの「ウェイト」を使用した筋トレがメイン。

 

ウェイトトレーニングは正しいフォームをキープしてピンポイントに負荷をかけることが目的で、プライベートジムではトレーナーの補助が加わり、さらに回数や休憩時間がキッチリと管理されます。

 

 

プライベートジムで使用されるウェイト機材は、以下のようなものです。

 

出張,自宅,マンツーマン,トレーニング,Lyubovi

出典 http://www.fightingroad.co.jp/

 

上記のようなウェイト機材は、車に積んで持ち運ぶことが十分可能です。

 

しかも、どんどん重たいバーベルを持ち上げれるようになって大会出場することが目的ではなく、目的はあくまで「ダイエット」や「シェイプアップ」です。

 

したがって、写真右側のバーベルだと女性の場合はだいたい20kg〜30kg

 

男性の場合でも20kg〜50kgほどのウェイトがあればそれ以上は必要ないらしく、自宅に持ち込む道具はかなり少なくて済むそうです。

 

 

実際に私の部屋に持ち込まれたウェイトやトレーニング道具は以下。

 

出張,自宅,マンツーマン,トレーニング,Lyubovi

 

Lyuboviの出張トレーニングでは、独自の工夫で「プライベートジムで行うすべてのトレーニングが可能」だそうで、女性と比較して使用ウェイトの多い男性の場合でも、道具はこれで必要十分とのことです。

 

 

どれくらいのスペースがあれば良いのか?

 

出張トレーニングで必要なスペースは、『寝転べる広さがあれば大丈夫』とのこと。

 

ベンチプレスをやるときに寝転ぶのですが、その他のメニューは立ち姿勢で行う種目が多いので、広大なスペースは必要ないそうです。

 

実際に体験してみて思いましたが、広めのリビングがあるようなお家なら夫婦で二人同時にトレーニングセッションすることも余裕だと思いました。

 

 

服装は?

 

服装は動きやすいものであれば何でも良いそうです。

 

自宅出張でも店舗でもトレーニングは裸足でおこなうため、Tシャツと短パンがあればOK。

 

トレーニングウェア上下の無料レンタルもあるので、持っていなくても大丈夫だそうです。

 

 

どんな客層が多いのか?

 

画期的な自宅トレーニングですが、いったいどんな会員さんが利用されているのか気になったので確認しました。

 

会員さんの男女比はだいたい半々くらいで、男性のほうがやや少ないそうです。

 

 

通常の自宅トレーニングの他にも様々な使い方ができるらしく、会員さんの実際の利用例も伺いました。

 

現会員さんの利用方法の一例

  • 自宅にて、夫婦で同時にトレーニングセッション。
  • 自宅マンションに付属しているトレーニングルームを利用してのトレーニング。
  • 会社にて、役員・社員の合同トレーニング。

など。

 

出張場所は自宅以外でもOKで、複数人でのトレーニングセッションも可能だそうです。

 

 

また、店舗トレーニングをしていた人の中にも『面倒だから次からは自宅に来てほしい』といった要望があり、

 

「今月は店舗」⇒「来月は自宅」といった使い方もあるそうです。

 

 

トレーナーさんと出張会員さんとの会話の中で一番多いのが、やはり

 

『ジムまで行くのが面倒。。。』

 

といった意見だそうです。

 

たしかに車で通ってもパーキングを探す手間がありますし、電車移動でも時刻表を確認したりを煩わしく感じる人も居るでしょう。

 

雨なんか降ったら、それこそ出張型にしといて良かった!と思うかも知れません。

 

徒歩圏内にパーソナルジムがない限り、『わざわざ移動してまで・・』とダイエットに踏み切れない人には、出張パーソナルジムは特に便利なシステムです。

 

 

電車通勤されている方であれば

ジムの使い方

店舗ジム

職場か自宅の最寄り駅のジムに、用事ついでに通う

出張ジム

自宅に来てもらう

どちらも便利。

 

 

会社やお店を営む方であれば

ジムの使い方

店舗ジム

職場か自宅の最寄り駅のジムに、用事ついでに通う

 

出張ジム

自宅に来てもらう

会社や店舗の閉店後に「その場(会社やお店)」でトレーニング

使える場所が一つ多い分、尚更出張が便利なのではと思います。

 

 

個人的な意見としては、例えば予約を20:30〜と決めたときに、

  • 「店舗ジムに20:30に着くようにスケジュールを組む」
  • 「自宅に戻り20:30までに支度して待つ」

 

どちらが気楽か?を比較したとき、後者の「自宅に戻り20:30までに支度して待つ」になる人には、出張ジムは特にオススメだと思います。(続けやすいと思います。)

 

 

 

次は、出張トレーニングの内容を体験しました!

 

次ページ・・>>出張トレーニング体験風景

 


トップページ メニュー おすすめジム 自己紹介